金融業へ就職を目指している人が今から出来ること

金融業に就職したい
銀行や証券会社、こうした金融関連の企業に就職したいと思っている人は多いはず。必ずしもそうだといい切ることはできませんが、金融業の多くは「ホワイト企業」として知られています。
社会保険や企業年金はもちろん、休暇や有給など、他の企業と比較して、ちゃんとしているところが多いようです。
これは、大手の銀行や証券会社だけではなく、地方銀行でも同じで、金融業に就職を希望する人は毎年多く、倍率も高いと聞きます。
これから金融業に就職を目指して、勉強を始める人、または、現在就職活動をしている人もいると思います。
そんな人に、金融業に就職するため、何が必要で、どんな勉強をしたらいいのか、また、金融業界の今後についてご紹介していきたいと思います。
金融業に向いている人とは
金融業への就職を考えている人も多いでしょう。金融業というものは、今は、様々な需要がある業界です。たとえば、起業する人たちの手助けをするとか、地方の中小企業の支えとなるのも金融業です。そのため、顧客からの信頼というものが、一番、大切だといえます。
まず、金融業というものは、お金を扱うことが仕事です。そのため、見た目にもまじめそうに見えることは必要になります。まじめそうに見えるということは、それだけで、顧客からの信頼につながります。もちろん、言動がまじめであることも大切です。そして、こういったことは、見た目にも現れるのです。お金を扱う仕事は、顧客からの信頼というものが、他の業種以上に求められるのです。
次に必要なことは、粘り強さです。金融業というものは、新規顧客の開拓などをおこなう際には、地道な営業活動が必要になります。事業内容をていねいに説明し、新たな顧客を開拓することは、簡単なことではありません。また、顧客とのいろいろなやり取りでは、時には、あきらめたくなってしまうこともあるのです。目標を達成するまでは、粘り強く頑張ることが求められるのです。
まじめであることや粘り強いことは、どんな職種でも大切だといえますが、金融業では、より、こういったことが求められるのです。
金融業界は信用と正確性が最も重視される業界です。金融業に就職を考えている人は、そこのところを考え、どういった行動を心がけるべきか、今一度考えてみてはどうでしょうか。
金融業の仕事に向いている人の3つの特徴
金融業の中でも多くの人がぱっとイメージするのが銀行です。では、銀行員の仕事に向いてるのはどのような人なのでしょうか。今日は向いてる人に見られる3つの特徴を記したいと思います。
まず最初の点はメンタルが強い人という点です。銀行員の仕事の中には営業というものもあります。地域の中小企業などを歩き回って融資をとってきたり、さらには投資商品をセールスするということです。当然ですが、セールスマンと同じような扱いを受けます。銀行員だからといってみなが丁寧に応対してくれるわけではないのです。さらに、ノルマもあります。ですので、メンタルが強くないとすぐに辞めてしまいます。
次の点は正義感が強い人です。正義感が強い人の多くはしっかりとした道徳観を持っています。やはり銀行員というのはお金を扱う仕事です。そしてそのお金はお客様から預かったお金です。それで、しっかりとした正義感がないとお金をぞんざいに扱ってしまったり、場合には横領という犯罪に走ってしまう可能性があります。
最後の点はコミュニケーションです。銀行はお金を扱う仕事ですが、1番重要なのはお客様との信頼関係です。コミュニケーションができないと信頼関係を築くことはできません。
この信頼関係を築くためには、誠意ある対応を心がけることはもちろん、間違ったことや失敗を繰り返すなど、自分の行動をよく思い返してみて、失敗を回避するためにどういった対策が必要になるのかを一緒に考えてみてはどうでしょうか。
金融業の仕事から得ることができるやりがいとは一体何か?
金融業の仕事から得ることができるやりがいとはいったい何でしょうか。まずその前に金融業といっても実はその職種は様々です。保険業、リース、消費者金融、銀行などです。今日はその中でも特に銀行員としてのやりがいについて記したいと思います。
まず最初に感じることができるやりがいは仕事を通して個人の夢を後押しできるということです。多くの人が銀行を利用する目的は何でしょうか。例えば、マイホームを購入するためのローンを組みたい、会社を立ち上げるための資金が必要など様々です。しかし、共通しているのはそれぞれの夢を実現するということです。銀行の仕事を通してそうした人の夢を実現する手助けができます。
次に感じることができるやりがいは、地域の振興に寄与できるという点です。多くの銀行が取引をしているのは地元の中小企業です。こうした中小企業が発展することが地域経済の活性化へとつながり、結果的には地域の振興へと発展していきます。銀行員の仕事は地域の基礎である中小企業をバックアップすることです。ですので、仕事を通じて自分が住んでいる地域の未来を創っていくことができます。
このように銀行員は金融業の中でもやりがいが多い仕事になります。
関連記事
金融業と言えば銀行、その銀行はブラック企業?
銀行はブラック企業かと言えばNOです。金融業の中でも銀行は優良企業です。たしかに仕事内容やノルマはきついですが、銀行全般でいえることなので、消費者金融のノルマに比べると楽です。

続きを読む...